こころはれ 心と身体 相談センター

別れの悲しみ

大切な想い出を失った“今”から
明るい“未来”へ進みだす

 

命の終わりが近づいた時、大切な人、家族がそばにいても、

孤独を感じるのをご存知ですか?

 

見送る家族は、不安、悲しみを抱え、

亡くなった後も「つらい気持ちを解ってもらえない」と、苦しんでいます。

 

たくさんの思いを日常では語れない、話す場所がない、

 

カウンセリングを通し、悲しみを思い出に、あの人へ思いを「大切に胸に抱きながら」

明るい”未来”へ進みだしましょう。

 

 

エモーショナル カウンセラー

 

Emotionaru sappot  心のよりどころ・心のさせえ

Emotional  とは・・・

感情的になる、心にグッとくる、理性を見失う等 よくも悪くも様々な感情を表現する言葉。

 

あなたの「自分ではどうにもできない想い」に寄り添い、心のよりどころになる。

「そばにいるよ」「必要があれば助けを求めてね」「話を聴くよ」

 

 

 

みな、さまざまなな感情をもち、揺れ動きながら生きています

 

もう自分はお迎えが来るけれど

だからと言って「自分らしく生きられなくなるのは嫌だ」、自分のしたい事を自分でする・自分で選びたい。

手伝ってもらえたら出来る事はもっとあるかもしれない、でも言えない・・・

自分は死ぬ時の話、お葬式はこうして欲しい・・・たくさんの話をしたいけれど、周りを悲しませてしまうだろう

 

 

大切な人を亡くした時

亡くなった人を思い慕う気持ちで心がいっぱいになり、後ろを振り向き、失ったものを取り戻したい。

無理なことだと頭では分かっているけれど、「あの人のいない事実」を受け止めるのが怖く、さみしく、悲しく、つらい。

でも、いつまでも悲しんではいられない。

人との死別、ペットとの別れ、離別、引っ越し生きて行く中で様々な別れが有ります。

 

悲しい、つらく、さみしい気持ちから「なんとか立ち直りたい」

自分だは「どうにもできない感情」が心の中で起こり、気持ちが大きく揺れ動く。

心も体も不安定で、悲しみ、さみしさ、怒り、恐怖、不安、思い出に懐かしむ、様々な感情がわきでる・・・

 

別れの悲しみ、さみしさの感じ方、

 

感情の表現方法、

悲しむタイミングは一人一人違い、比べられるものではないのです。

命日が近づいたり、お墓参りとか自分の誕生日だったり、いろんなタイミングで

「ここにいない現実」を目の当たりにし、暗い気持ちに引き戻されることは何度だってある。

それは自然なこと。

 

大切な人を亡くした悲しみは、「乗り越えるもの」ではなく「大切に抱きながら生きていくもの」

あの人を思い出すとき、悲しいだけではなくて、懐かしく思ったり、楽しかった時間を振り返って笑ったり、それの日々の積み重ねが「前を向いて歩いて行くこと」だと思うのです。

 

 

~ Line公式アカウントから個別のメッセージを送れます ~

この登録をクリックして”カウンセリング たんぽぽ”をお友達追加
メッセージを送りましょう

 

 

タイトルとURLをコピーしました