こころはれ 心と身体 相談センター

辛いのに検査をしても異常が無い

 

検査したが異常なかったが体調が悪い

・いつも疲れている、疲れがとれない

・だるい

・めまい、立ちくらみ

・動悸、息切れ

・眠れない、寝てもスッキリしない

・便秘や下痢が続く、繰り返す

・微熱があってだるい

・口やのどがいつも変だ、不快感がある

・頭痛がよくならない

・首や肩こりが続く

・身体が急にほてる

・夏でも手足が冷える

・イライラする

・やる気が出ない、急にやりたくなくなる

・気分の波がはげしくてつらい

・いろいろな事を待てない

 

「心身症」とも呼ばれ、内科などで原因となる身体の病気が見当たらないにもかかわらず、さまざまな身体症状を訴える神経症の一種です

 

重大な病気にかかっているのではないかという不安に捉われてしまう「心気症」

*ストレスや心の中の葛藤により、声が出ない、歩けないといった体の症状が出る「転換性障害」

*頭痛、吐き気、下痢、生理不順など複数の症状が同時に見られる「身体化障害」

*原因が見当たらず、明らかな心因性の痛みが出現する「疼痛性障害」

 

 

そのままでは何も変わりません。

 

命をみつめて30年の看護師が、あなたに寄り添い「あなたの心の声」に耳を傾け、心と体のお悩みを改善するカウンセリングを行っています

 

カウンセリングでは「原因は何か?」だけに視点を当てるのではなく、症状を少なくする生活の仕方や考え方を取り入れ、毎日を過ごしやすくします

 

最初は痛みなどの症状を振り返る日記をつけ、前後の生活や習慣、きっかけや、つらさの変化を知ることから始めます

 

 

あなた自身が冷静に振り返れるようになれば、少しづつ対策をたて、回避する方法が見つかります

 

 

初めは「完全に無くなる」を目標にせず、小さい目標を定め少しずつ考え方や生活を改善していくのが近道です

 

 

今より、気持ちも心も楽に生きる

 

「あなたらしく輝いて生きる」

 

自分の人生を

自分で選びながら生きる

 

 

カウンセリングで心を整えると同時に、病院等で症状を和らげる治療をしたり、病気が隠れていないかを見てもらうことも大切です

 

その際は「かかりつけ医」を決め、体の状態を続けて見てもらいます

 

 

まずは、あなたと私・カウンセラー あんこ と二人三脚で病気や症状と付き合う方法を身に付けましょう

 

~ Line公式アカウントから個別のメッセージを送れます ~

”こころはれ 心と身体 相談センター”をお友達追加
メッセージを送りましょう

 

タイトルとURLをコピーしました