kokoro80 カウンセリングたんぽぽ

*洗濯をした私を「ほめて」くれないんですか?

 

毎日の生活の中で

脱いだ着替えが洗って畳まれていて、当たり前

 

ゴミをゴミの日に出してあるのは、当たり前

 

それをしているのは私ですが・・・

褒めてくれない・認めてもらえない。

 

 

そう思った時は、モチベーションは下り

もうしたくないと思ったりします。

 

 

『わたし+α の生き方』プロデューサー

あのんです

 

 

けれども

「きれいになってスッキリした」と思った時は

 

誰も何も言ってくれなくても気持ちは晴れやかになりませんか?

 

 

モチベーションが下がるのは

他者から承認されてこそ「自分には価値があるのだ」と感じ

認めて欲しいという気持ちが大きくなるからです。

 

 

 

もし

生活全ての目的が「他者の期待を満たすこと」になってしまったら・・・

 

 

 

いつも他者の視線を気にして

他者からの評価に怯え

期待に添うために頑張る。

 

自分が「わたし」であることを抑えとてもつらくなります。

 

 

「きれいになってスッキリした」と思うのは

誰かに評価されなくたって

自身が満足しているからなんです。

 

 

 

小さなことであっても

 

こうなりたい!
自分はそれをやりたい

 

自分のしたいことを頑張った「あなた自身の幸せに」に生きている意味があります。

 

 

 

あなたは、「あなただけの人生」を生きています。

 

誰のために生きているのかといえば「あなたのため」です。

 

 

 

そしてまた

他者も「あなたの期待を満たすために生きているのではない」のです。

 

 

相手が自分の思うとおりに動いてくれなくても、怒ってはいけません。

 

でも、つい怒ってしまいますよね。

 

 

 

「認めて欲しい」と「自分が満足する」

 

2つの承認欲求をバランスよく生きるのが

わたしらしい生き方で

わたしも周りも幸せに暮らす方法なのだと思います。

 

 

ーーーーーー

わたしを知る

ーーーーーー

わたしの本当の気持ちに気付き、自分と対話する

「わたしを知るワーク」

 

こちらからLINEから無料でお受け取りください

登録はこちら

 

 

 

 

(追加画面が出ない場合は @anon80 で検索登録)

 

期間限定 今すぐ使える

ワークの気付きから読み解く

「本当の自分」を育てるセッション(60分・5000円)

 

無料参加チケットプレゼント

 

 

ーーーーー

役割の卒業

ーーーーー

自分+αの生き方をしたいけれど

 

子どもが心配・・・

親の介護が・・・

 

自由なココロの私のために

大人と大人の付き合い方を知る

 

期間限定

家族の相性診断

(無料診断は お一人様 1名のみ)

 

お申し込みはLINEから

登録はこちら

 

 

 

 

(追加画面が出ない場合は @anon80 で検索登録)

タイトルとURLをコピーしました