kokoro80 カウンセリングたんぽぽ

*自分が「介護される時」に譲れないこと

 

お母さんの介護をしている友人に

 

自分が介護される時に「譲れない事は?」と聞かれました。

 

 

医療と介護の場面で「伝わらない」を「伝わる」に変える

メデイ・コミ・アドバイザー あのんです。

 

 

・好きな時に出かけたい

 

自分の足で歩きたい

杖や車椅子を使っても、「ちょっと出かけてくる」と思った時に出かけたい

 

 

・ご飯を自分の手で食べたい

 

口の中に入れてもらうより自分のペースで食べたい

きざみ食ではなく、形のある食事をしたい

 

 

・トイレに行きたい

 

おむつは仕方がないにしても、個室で用を足したい

ズボンは頼んでも、パンツだけは自分で上げ下げしたい

 

 

 

老後も

自分のやりたい方法で、自分のペースでするためには

「今から健康な生活」との話になったのですが・・・

 

介護をしているとムリ

 

 

生活リズムの基準は「お母さん」

自分の食事を気にかける余裕はない

いつも自分のことは後回し

 

子育ての頃は体力もあったけど、体力も記憶力も落ちてきて疲れが取れない。

 

 

 

あなたの毎日も同じですか?

 

 

疲れているあなたが、悩みやつらさを一人で抱えていると

 

風船が大きくなりすぎて割れてしまうように

どこかで心が壊れてしまいます。

 

 

あなたが悩んだりつらいと感じるのは

「できないことが増え、忘れてしまうお母さん」ではないでしょうか。

 

 

お母さんも「自分でしたい」気持ちはあります。

 

自分ではできなくても「自分の思うように」してもれえば、お母さんも嬉しいでしょう。

 

 

あなたは「お母さんならこうして欲しい」と思い浮かびますか?

 

 

お母さんの「して欲しいこと」を考える時

 

「お母さん」ではなく「一人の女性」の

元気だった頃の暮らしから、生き方や考え方を知ることが必要です。

 

 

 

お母さんの「今までの暮らし」を知って

 

今の暮らしと

これからの生活を考える「ライフマップ」を

 

メデイ・コミ・アドバイザー あのん は提案し

あなたとお母さんの「心と体」を大切にする暮らしを支援しています。

 

 

あなたの「気持ちの風船」が大きくなりすぎる前にご相談ください。

 

 

ーーーーーーーー

医療と介護の

電話相談

ーーーーーー

介護の疲れ、家族の心配、あなたの不調

 

医療と介護の電話相談

1分200円(最長60分)

 

ご予約はLINEから受付中

LINE登録・お問い合わせはこちらから

 

 

 

 

メデイ・コミ・アドバイザー・あのん

(追加画面が出ない場合は @anon80 で検索登録)

 

 

ーーーーーーーーー

医療と介護・3ない

ーーーーーーーーー

・聞いてくれない

・分かってくれない

・よくならない

 

医療と介護の「3ない」を解消する

魔法のコミュニケーション

 

「メデイ・コミ」

 

メデイ・コミを知る 5日間 無料LINEプログラムをお届けしてます。

LINE登録はこちらから

 

 

 

 

 

(追加画面が出ない場合は @anon80 で検索登録)

タイトルとURLをコピーしました