kokoro80 カウンセリングたんぽぽ

<相談 病院へ行ってくれない>

【相談内容】

相談者:Oさん

同居している80歳の実母の相談

 

同居の家族;Oさん夫婦、Oさんの母

 

同じことを何度も繰り返し聞き、最近は急に機嫌が悪くなり暴言を吐くようになった実母に困っている。

 

介護認定を受けるために病院へ連れていきたくても

「ボケていない」怒り、どうしたら良いかと相談がありました。

 

ーーーーーー

 

初回の電話相談では

Oさんの疲れがたまり、すぐに介護申請が必要な様子でした。

 

 

Oさんのお母さんは普段から健康で

かかりつけ医もないことから、Oさんの通院している内科で相談することをお伝えしました。

 

その後、Oさんの通院している内科医と相談し

お母さんを診察へ連れていこうとしましたが拒否され、どうにもできないと再度相談があり、定期面談をはじめました。

 

 

まず、お母さんの元気なときの考え方や暮らしを知りためにライフマップの作成をしました。

子育てをしていた頃はOさんの友達や家族との交流があり、面倒見の良い方だとわかりました。

 

お母さんの性格などを考慮し、受診への声掛けを細かく説明したところ、なんとか受診することができ、介護認定を受けました。

 

 

けれども、デイサービスを利用するために説明に来たケアマネージャーを「悪い人だ」と決めつけ話もできませんでした。

 

ケアマネージャーにライフマップを使って

「お母さんの性格など」を理解してもらい、言葉かけを工夫したところ、時間はかかりましたが信頼関係ができ、その後のデイケアなども「あんたが言うなら」と気持ちよく通い始めましたました。

 

 

現在、デイサービスを週3回利用したいます。

 

Oさんご夫婦は気持ちのゆとりができ、イライラせずに対応ができるようになったら、お母さんも怒ることも少なくなったと喜んでいます。

 

家族とケアマネージャーなど介護の関係者と関の信頼関係ができると、ご本人の気持ちがほぐれることもあります。

 

時間はかかっても、お母さんのことを知ってもらい、丁寧に関わってもらえてことでその後も良い関係ができています。

 

 

私たちも、相手がイライラして話しかけられると嫌な気持ちになります。

まずは、介護者の気分転換や疲れをとり、気持ちのゆとりを持ってください。

 

認知症の方も声の掛け方や関わり方の工夫で、家族の話を聞いてくれることもありますので、元気な頃の性格なども考慮して声の掛け方を考えてみましょう。

 

介護に正解はありませんが、あなたの悩みを解決するヒントになれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました