心とからだ サポートセンター

*「言うことを聞かない人」を変えるには

 

「あの人が言うことを聞いてくれないこと」が問題と言っていますが、

本当は「あなたが困ってしまい、イライラしてしまうこと」に困っているのではないでしょうか?

 

Ask Accept Together

エモーショナル カウンセラー 

あのん です

 

 

「子どもが言うことを聞かない」相談の回答が

「いうことを聞かない大人」も同じだなと思ったので紹介します。

 

 

「子ども」をあなたを困らせる「夫・親など」、

「親」を「自分・私」と置き換えて読んでください。

 

 

あなたは「子どもが言うことを聞いてくれないこと」が問題と言っていますが、

本当は「親が困ってしまい、イライラしてしまうこと」に困っているのではないでしょうか。

 

 

つまり、子どもの問題ではなく、親のあり方の問題かもしれないのです。

 

 

 

今の状態を変えたいのであれば、

「子どもに言うこと聞かせる方法を求めるのではなく、

『親の考え方』自体を変える」ことをお勧めします。

 

 

子どもが親の言うことを聞かない状況のとき、

親は、それをなんとかして親の思いどおりにさせようと「頑張る」ことが少なくありません。

 

 

 

頑張っても、親の思いどおりにいかないまま、子どもは相変わらず同じことを繰り返していきます。

 

 

その結果、親は疲れ果て、諦めるときがきます。

 

皮肉なことに、その諦めたときから、子どもが自主的に動き出したというケースが多くあります。

 

 

 

つまり、「頑張って」子どもをどうにかしようとしているうちは、ほとんど解決しないことが多いということです。

 

 

 

根本的で本質的なアプローチは、

『目の前の子どもの“今”を大切にしていく』こと。

 

 

親の考え方が変わる

親の感情が変わる

子どもへの声かけや態度が変わる

子どもが変わる

親の気持ちがさらに変わる

というサイクルを知ることです。

 

 

 

出発点は「親の考え方が変わる」にあると思ってみてください。

 

 

今、目の前にいる子どもとの関係は、今しか経験できません。

 

 

日々成長し、半年後の子どもは今日と同じではないのです。

 

 

 

二度と経験できない、現時点での子どもとの関係、

”今”を大切にしようと考えてみてください。

 

 

すると、感情は落ち着いてきます。

 

親の感情が落ち着いてくると、子どもへの声かけや態度が自然と変わってきます。

 

 

 

すると、子どもが変わり始めることがあります。

 

 

我慢して今の状態を受け入れるか、考え方を変えるか。

 

 

小学生になれば小学生の悩みが、

中学生になれば中学生の悩みが、

「年齢に応じた悩み」が確実に登場してきます。

 

 

 

悩みやイライラは形を変えて継続していくものです。

 

子育てに正解はありません。

 

 

今の状態をそのまま我慢して受け入れながら日々を過ごすか?

考え方を変えて新しい見方で日々を過ごすか?

 

あとは選択の問題となります。

 

 

あなたの選択によって、

それぞれの道も変わり、

見える景色も変わっていきます。

 

 

あなたはどちらを選びますか?

= = = = = = = =

LINEで

「コミュニケーションの魔法

7日間 LINE 無料 プログラム」開催中

こちらから 無料参加できます

 

 

LINEで検索 @anon80 登録

= = = = = = = =

この度、Amazonで初めての電子書籍を出版させて頂きました。

タイトル「悩んでいるあなたへ 赤ちゃんもしてる わかり合うコミュニケーション 」

「コミュニケーションって何?」

「なぜ必要なの?」

言葉を話さない赤ちゃんも取っているコミュニケーション 知るというテーマで、

書いた書籍になります。

是非、よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーー

http://www.amazon.co.jp/dp/B08HLQ1NG9 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました