こころはれ 心と身体 相談センター

*父との思い出

 

誰と話しても

お母さんとの思い出は、良いことも、悪いことも話題にのぼります。

 

同じ親でも、お父さんの思い出は楽しい思い出よりも

叱られた、怒鳴られた、怒られた、反対された話を多く聞きますね。

 

 

私の父親との思い出は本屋さん。

 

両親とも本が好きで、私も週1回来る移動図書館を楽しみにして

 

「一人○冊まで」と決まってるので、早く読み終わったら、曜日が違う別の場所へ借りに行来ましたよ。

 

 

父は休みの日曜日、朝9:30には家を出て歩いて30分程のアーケード付きの商店街へ行くのが習慣。

 

 

アーケード街に本屋さんは3件あったのですが、

お気にりの本屋さんで昼頃まで立ち読みし、

時々1冊だけ買ってきてました。

 

 

私は小学校に上がった頃から、

父親が家を出るタイミング待ち、

足の速い父が黙って歩くのについて行くようになった。

 

黙って本屋さんに入り、別々にお気に入りの本を探し、立ち読み。

 

私は夢中になって読みながらも、

時々本の世界から戻って父親を探し、時間を確認してまた読み続ける。

 

父は帰る時にボソッと「行くよ」と声を掛けてくれるので、慌てて父の手元を見る。

 

父が本を持っているか?高そうな本か?をさっと点検。

 

『カバーが柔らかい本を持っている』

『先週、買ってもらっていない』

 

条件が揃っているのを確認し、

事前に選んであった本を「これ買って」と出せば大丈夫。

 

私が持っている本を取り上げるようにしてレジへ歩いて行き、お金を払うと黙って本を差し出す。

 

 

帰り道も父に置いていかれないように小走りでついて行く。

 

 

私は玄関で靴を脱ぎそのまま寝転んで本を読み出す。

 

父が帰ると数分でお昼ご飯が出るのが視界に入り、

早くご飯を食べなさいと聞こえるが気にしない。

 

 

私は最後のページを読み、本を閉じてからお腹が空いていたのに気づく。

 

私の父との思い出。

 

 

 

 

 

 

父は人間的に残念な部分が多かったが、本屋さんの父は大好きだった。

 

あなたとお父さんとの思い出はなんですか?

 

ーーーーーーーーーーー

この度、Amazonで初めての電子書籍を出版させて頂きました。

タイトル「悩んでいるあなたへ 赤ちゃんもしてる わかり合うコミュニケーション 」

「コミュニケーションって何?」

「なぜ必要なの?」

言葉を話さない赤ちゃんも取っているコミュニケーション 知るというテーマで、

書いた書籍になります。

 

是非、よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーー

 

 

 

ーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました