kokoro80 カウンセリングたんぽぽ

ごあいさつ

 

医療と介護の場面で「伝わらない」を「伝わる」に変える

メデイ・コミ・アドバイザー あのんです

 

 

医療と介護の場面で

具合が悪い・つらい・心配・不安が伝わらないと

 

聞いてくれない

分かってもらえない

よくならない

 

と、イライラしたり、不安がどんどんと大きくなります。

 

 

介護をしている「お母さん」のことが心配で

 

「何とかして欲しい」と悩み

「いつもと違う」

「こんなに困っている」と伝えても

 

分かってもらえずイライラしたり、悲しくなる場面に何度も出会います。

 

 

「相談しようか?」「どうしようか?」と思っても

 

また嫌な思いをする

相談しても悩みをうまく言えない

話しても変わらない

こんなことを相談するのは恥ずかしい

自分でなんとかしなければ

 

 

そうして、

 

相談するのを諦めたり

一人でなんとかしようと悩みを抱え

さらに状況が悪くなってしまうことがあります。

 

 

 

あなたが一生懸命に伝えても、「分かってもらえない」のは、

コミュニケーションが取れていないから。

 

 

職種によって専門用語や伝え方の違いがあります。

 

 

医療と介護の場面のコミュニケーションと、日常生活のコミュニケーションとは「違いがある」のです。

 

 

その違いを知ってコミュニケーションの取り方を変えるだけで

 

あなたの気持ちが伝わり

相手の伝えたいことが分かります。

 

 

メデイカル・コミュニケーション

 

 

医療と介護の場面で

「伝わらない」を「伝わる」に変える

魔法のコミュニケーション

 

「メデイ・コミ」

 

 

LINEから

メデイ・コミを知る

5日間 無料LINEプログラムを

お届けしています。

 

こちらからお受け取りください。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました